top of page
検索

痛みは骨や筋肉だけの問題!?

こんにちは!

ピラティス&コンディショニング BeX代表の米川です😊


身体に痛みがある際に病院で検査をすると、

「ここの関節が狭くなっていますね。」

「この筋肉が傷ついていますね。」

などといったことを言われることがあると思います。


しかし、本当にこのような骨や筋肉の問題だけが痛みと関係しているのでしょうか?


もちろんレントゲンやMRIでの問題がぴったり一致して、その組織損傷が痛みに直結している方もいらっしゃいます。


逆に、身体に痛みを抱えているにも関わらず、画像所見上は全く問題がないという方もいらっしゃいます🤔


国際疼痛学会は、

「実際の組織損傷もしくは組織損傷が起こりうる状態に付随する、あるいはそれに似た、感覚かつ情動の不快な体験。」

と痛みの定義を定めています。


つまり、痛みは感覚や情動の不快な体験によっても変わるもので、痛みに対するネガティブな感情が強い方は、たとえ組織の損傷が改善されたとしても、慢性的に痛みが残ってしまう可能性があるということです😱


このようにならないようにするためにも、痛みについて正しく理解し、「この痛みは大丈夫なものだ。」という感情でいたり、運動を通して「この動きなら痛みが出ないから大丈夫だ。」という体験を積み重ねることが大切です💡


一番良くないのは、「痛みがあるから動けない。」という気持ちでいて、活動量が減ってしまうことです。

そうすると、痛みの悪循環に陥ってしまい、慢性疼痛となるリスクが高まってしまいます💦


このような状態に陥らないようにするために、自分の身体の痛みが何かを医療機関で検査した上で、正しい身体の使い方を覚えたい方は、ぜひ一度当店で身体を動かしに来てみてはいかがでしょうか☺️?



住所:茨城県つくば市学園の森3丁目20-1MeeToco N I号室

アクセス:つくばエクスプレス研究学園駅より車で9分

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page